So-net無料ブログ作成
検索選択

ピンホールカメラの実験

2017-04-08T21:59:33.JPG2017-04-08T21:59:33.JPG2017-04-08T21:59:33.jpg2017-04-08T21:59:33.jpg2017-04-08T21:59:33.JPG2017-04-08T21:59:33.jpg小さい穴がレンズの働きをするピンホールカメラの実験をする装置を作ってみました。

1、段ボール箱を切り抜いてアルミ箔を貼り、針で穴を開けます。
2、トイレットペーパーの芯の筒の片側に薄い紙を貼ります。
3、アルミ箔の穴を天井の蛍光灯に向けて、トイレットペーパーの筒で覗きます。
4、ちょうどよい位置を見つけると薄い紙に蛍光灯の形が映ります。

筒をデジカメのレンズの前に取り付けて撮影すると薄紙に蛍光灯の形が映っている様子が撮れました。

部屋を暗くして見たいものを懐中電灯で照らしたものを覗いても、うっすらと映りました。

思いの外、子どもが面白がりました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0