So-net無料ブログ作成

自公に対峙するのは市民と野党の共闘 [日本共産党]

2017-10-07T22:06:26.jpg2017-10-07T22:06:26.jpg2017-10-07T22:06:26.jpg2017-10-07T22:06:26.jpg2017-10-07T22:06:26.jpg日本共産党の幹部が総選挙に向けて各地で街頭に立っています。
今日は岡山駅西口で穀田恵二国対委員長が演説をしました。
日本共産党、おかやまいっぽん、立憲民主党で政策協定が結ばれ、岡山1区では高井たかし氏の当選を目指すことで合意した直後の演説会でした。おかやまいっぽん、社民党、立憲民主党も並んで訴えました。
おかやまいっぽんの宮本龍門氏は協定書を掲げました。
高井たかし氏は冒頭で立候補取り下げを表明した日本共産党の余江ゆきおに敬意と謝意を述べられました。立候補経験があればこそ、立候補の決意と取り下げの重みを分かっていらっしゃることと思います。
余江ゆきおの思いも受けて、安保法制反対、自民党の改憲阻止のために頑張って欲しいものです。

穀田恵二国対委員長は、希望の党へと変節した民進党議員の背信の一方で前進している、市民と野党の共闘の展望を語りました。

演説会のあとで私は自転車にマイクを積んで地域を回って政治を語り、岡山2区で垣内京美を先頭に日本共産党の議席増を目指す決意を訴えました。
選挙の前に市民置き去りの議員の離合集散でできた党が「第三極」と呼ばれた例はすでにあります。
みんなの党も維新の会も結局は自民党の補完勢力でしかありませんでした。改憲・安保法制容認の希望の党もまたしかり、です。もしも希望の党が政権を取ったとしても名前を変えた自民党政治が続くだけです。

自民党・公明党に対峙するのはぶれない日本共産党と政策で結ばれた市民と野党の共闘です。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント