So-net無料ブログ作成

教育に国が口を挟むのは問題 [国政]

文科省が中学校で元文部官僚の前川氏が講演したことについて、調査したことが報じられています。
https://mainichi.jp/articles/20180316/k00/00e/040/257000c

文科省や自民党の政治家が、一中学校での講師選定を問題視していることの問題は「講師が適格だったかどうか」ではありません。
教育における現場の自主性に国が口を挟んだことが問題なのです。
名古屋市教委の毅然とした対応はよかったと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント