So-net無料ブログ作成

地域産業政策の勉強 [岡山市政]

2018-05-15T22:42:46.JPG(株)自治体研究社主催の第44回市町村議員研修会の二日目は二つの専科に分かれました。
私は専科B「地域産業政策・地域経済振興策への向き合い方を考える」に参加しました。もうひとつは防災でした。

専科Bでは、愛知大学地域政策学部教授 鈴木誠氏の講義を受けました。
いろいろな地域での組織・仕組みづくりと地域でお金を回す実例を聞き、いくつかの自治体の中小企業振興条例、地域経済振興策の事例から学びました。

地域の経済は内需が鍵です。
しかし日本の国としては外国からの、地域としては他地域からの消費を当てにしているような政策が目立ちます。
お金はあるところにはあるので、それを国民に、地方に回る仕組みを作るのが政治の役割です。
所得に応じた累進制の税金で、教育や保育、介護、医療を公的に責任を持ち、処遇を向上させるのも働く人にお金を回す仕組みです。
大きな企業が儲かればいい、とにかく人件費を抑えればいい、という政治は変えないといけません。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント