So-net無料ブログ作成
検索選択

共謀罪も憲法改悪も不要 [憲法]

2017-05-11T18:35:32.jpg日本共産党岡山県委員会では定期的に県内各地でいっせい宣伝をしています。
今朝、私は高島駅前で出勤・登校等でお出掛けの皆さんに訴えました。

テロ等準備罪・共謀罪は「風が吹けば桶屋が儲かる」どころではない因果関係のでっち上げで「一般市民」が捜査の対象にされかねないとんでもない悪法です。
キノコを盗んだらテロの資金源、桜の下でメモしていたらテロの下見など、という議論が国会で行われています。
何を口実に市民の弾圧に使われるか分かりません。
しかも法案では防止すべきテロとは何か明確ではありません。
市民の自由を奪い、テロ防止にはならない共謀罪は不要です。

9条があるために自衛隊の活動が適正か、常に国会で議論の対象にされ、アメリカに荷担し、戦争することの歯止めになってきました。
憲法の下で70年に渡り、戦争しないできました。
今、追求すべきは戦争しない国際関係を拡げることです。
憲法改悪は不要です。