So-net無料ブログ作成

なぜ質問を減らしたがる? [日本共産党岡山市議団]

私が所属する委員会が2つ、開かれました。
午前中は大都市制度・広域連携調査特別委員会、午後は議会運営委員会でした。
特別委員会では、政令市の国への要望について議論しました。
公共下水道は公共性があり、受益者負担だけではなく国の負担も必要だ、という議論がありました。

議運では予算・決算のあり方の議論でした。来期に向けて今のやり方か別なやり方に変えるかの議論が始まりました。
早速、自民党から「2月議会での個人質問はなくすのが本来のあり方だ」「予算・決算委員会では持ち時間制にして質問時間は制限したい」という発言がありました。
これまでも個人質問の時間短縮や討論の時間制限が行われてきました。その度に日本共産党岡山市議団は反対してきました。
議員になったからには市民の代表として、市の行政執行にしっかりものを言い、チェックや提案をするのが役目です。
なぜ自ら質問を短く少なくしようとするのか、さっぱり分かりません。

市民は黙って議席に座っていることを求めて一票を託すのではないでしょう。
自分達の願いを代弁して、議会でものを言って欲しい、と期待していると思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog