So-net無料ブログ作成

教育費でも改憲不要 [憲法]

「自民の憲法改正原案、「教育無償」明記しない方向で検討」と朝日新聞などが報じています。

http://www.asahi.com/articles/ASKCT540BKCTUTFK002.html

http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20171124-OYT1T50144.html
選挙前には国民に「そのためなら改憲もありかも」と思わせるために掲げた看板がでたらめだったことが早速、明らかになってきました。

そもそも教育費の重い負担は自民党の政治で作られてきました。
憲法で無償とされている義務教育も教材、給食、修学旅行など学校で学ぶのに不可欠の費用が保護者負担です。
税金の使い方で決まる国立大学の学費は引き上げられてきました。
義務教育の「完全」無償化も、高等教育の負担軽減や無償化も自民党の政治が背を向けてきたものです。

教育費の負担軽減・無償化は国の予算の組み方次第で今の憲法でできます。高校の無償化は改憲なしで行われました。
憲法が要請していること、今の憲法でできることをしてこなかったのは自民党です。
教育に掛かる負担の重さは深刻です。だからこそ保護者、学生の切実な願いを改憲の口実に使うことは許せません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

9条を守ることが先 [憲法]

日本共産党の志位和夫委員長が代表質問を行いました。
加計学園、生活保護、北朝鮮対応、9条などを取り上げました。
加計学園問題では安倍昭恵氏と加計孝太郎氏を国会に呼び、本人の口から明らかにすることを求めました。
9条については自衛隊を明記することの問題を指摘しました。
安倍首相の答弁は、9条に自衛隊を明記しても自衛隊の活動は変わらない、というものでした。
変わらないなら改憲は不要です。変えないと憲法と自衛隊に不都合があるなら、不都合がないように変えるべきは自衛隊の方です。
どちらにしても安倍政権に憲法を変えさせる訳にはいきません。
志位和夫委員長は、憲法を守らない首相に憲法を変える資格はない、と批判しました。

9条に自衛隊を明記することの危険性について岡山弁護士会が12月9日に講演会を企画しています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

憲法改悪ストップは改憲ストップ [憲法]

自民党などの改憲派による発議は避けられない、として先手を打って「よりよい改憲」を目指そうという野党議員が出てきています。
が、そんな改憲ができるくらいなら野党が選挙に勝ってます。
今の国会構成では発議される改憲案は自民党の意向に沿うものにしかなりえません。
発議させない世論を作ること、発議されても否決できる世論を作ることが国会の改憲派の目論見を挫く道です。
日本共産党も安倍改憲NOの3000万署名に取り組みます。
http://www.kanaloco.jp/sp/article/289883
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

諸国民の公正と信義 [憲法]

日本国憲法の前文に「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」とあります。
一部の国が核兵器を持ち、他国を威嚇する世界は公正な世界とは言えません。

今年は国連で核兵器禁止条約が採択されました。自分達の国の政府に条約を批准させよう、との市民の運動が世界中で起こっています。
核兵器をなくそう、と諦めず連帯する人々は公正と信義を信頼できる「平和を愛する諸国民」だと思います。
そういう人々との連帯は、戦争しない、できない国際関係を築くことに繋がります。

今の北朝鮮は平和的とはとても言えませんが、金一族の支配体制がいつまでも続くとも思いません。
北朝鮮への対応も、平和を愛する緒国民の公正と信義に信頼して、戦争ではない対応を追求するのが平和憲法を持つ日本が取るべき道です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

共謀罪で見張られないように [憲法]

2017-08-23T21:08:20.JPG共謀罪の批判ポスターかと思ったら岡山県教育委員会、県警などが作った大人に振る舞いを正せ、との呼び掛けでした。
共謀罪で「あなたの行動、見られてますよ!」にならないように廃止させましょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

災害時に際立つ自治体のあり方とミッション [憲法]

2017-08-20T22:50:15.jpg2017-08-20T22:50:15.jpg立憲主義と地方自治を守る議員の会の市民公開講座Vol.3「東日本大震災と地方自治」が開かれました。
地方自治総合研究所主任研究員の今井照さんから、東日本大震災で福島県内の自治体の対応を切り口に自治体のあり方やミッションについて聴きました。

災害時には、個々の自治体の判断と行政執行が重要なだけでなく、他の自治体と住民・職員を巻き込んだ関係を築いておくことも有効だと学びました。
福島原発事故での被害者バッシングや差別の要因には国策もあるのだろうと思いました。
自治体のあり方の歴史的な発展から、住民本位の行政の具体例まで勉強になった講演会でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

10時から東日本大震災と地方自治 [憲法]

2017-08-20T09:46:54.JPG2017-08-20T09:46:54.JPG10時から立憲主義と地方自治を守る議員の会の市民公開講座「東日本大震災と地方自治」です。
講師は、今井照さん。
会場は、県生涯学習センター視聴覚室。
資料代は、500円。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

倉敷民商弾圧事件の宣伝 [憲法]

2017-07-28T13:09:19.JPG2017-07-28T13:09:19.JPG岡山地裁前の番町交差点での倉敷民商弾圧事件で訴訟指揮への抗議と無罪判決を求める宣伝に参加しました。
宣伝の主旨はビラの画像をご覧ください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

血筋より公約 [憲法]

「議員は三代前まで遡って素性を明らかにすべき」という意見を見ます。
「血筋のいい人に治めて欲しい」と言っているようなもので、世襲の王制、貴族政治の名残を感じます。
血筋ではなく「議員は約束(公約)を守る」「有権者はチェックし、次の投票行動に反映する」という関係が平等で民主的です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

手続きと民主主義 [憲法]

手続きというと面倒とか形式とかのイメージを持つ人がいますが、誰にでも同じように要求される手続きは公平で民主的であるためには必要な面もあります。
鶴の一声や顔パスはスピーディーでも公平性を欠きやすいものです。
特に行政の手続きは記録を残して説明できるようにしておかなくてはなりません。
加計学園の獣医学部が鶴の一声ではなかったのか、どこで誰の意思決定だったのかは国会が閉じても有耶無耶にすべきではありません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog