So-net無料ブログ作成
岡山市政 ブログトップ
前の10件 | -

各常任委員会 [岡山市政]

私が所属する環境消防水道委員会をはじめ、岡山市議会の各常任委員会が開かれました。
火災・救急の概要、ごみ処理広域化対策事業候補地選定の進捗状況、東京都水道局との災害時相互応援活動に関する覚書の締結などについて報告があり、いくらか質問や意見が出されました。
また21日から始まる2月定例議会で予算審査をするための資料請求をしました。各委員会でも同様に資料請求が行われています。

所管分野では、環境影響評価条例案が出される予定です。
足守地域で大規模太陽光発電が計画されていて、環境への影響に懸念が出されているので、市の具体的な環境の課題に役立つように議論しようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

国保料値上げ反対 [岡山市政]

2018-02-14T22:00:26.jpg岡山市国民健康保険運営協議会が開かれました。
4月からの国民健康保険料の値上げ案が示されました。
所得200万円の世帯で6,325円になる計算です。
日本共産党岡山市議団は、4月から制度が変わっても市で予算を組んで保険料の値上げを抑えるように、さらには引き下げるように求めてきました。
介護保険料は据え置き案が示されましたが、国保料についても引き続き、値上げストップに取り組みます。

nice!(0)  コメント(0) 

公民館の地域性と国際性 [岡山市政]

2018-02-13T00:36:20.jpg第一回岡山市立公民館大会で、東京大学名誉教授 佐藤一子さんの講演を聞きました。
午後の分科会には参加できませんでした。

講演は1970年代からの時代と地域性によって変化してきた公民館のあり方とESD活動などについてでした。
公民館は、住民による地域課題への取り組みの場にもなり、国際的な学びの場ともなっている事例を聞きました。
岡山市の公民館のグローバルな活動の先進性も評価されていました。
このような公民館全体に関わり、活動を発展させる取り組みをするのも中央公民館の機能だと思います。

昨年の11月議会で日本共産党岡山市議団は反対しましたが、中央公民館を廃止する条例が可決されてしまいました。
公民館振興室になっても、こうした活動を後退させてはならないと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

国民健康保険料を引き下げて [岡山市政]

2018-02-07T22:16:39.jpg2018-02-07T22:16:39.jpg岡山市社会保障推進協議会が、国民健康保険料の引き下げを求める要望を18,554筆の署名とともに保健福祉局長に手渡しました。
4月から国民健康保険制度が市町村制度から県の制度に変わります。それを機に市は、国保料の値上げを抑えてきた市の独自予算をやめようとしています。しかし国保料が上がったら生活が大変、と署名が寄せられています。
県内では制度が変わっても工夫して国保料は据え置くことを決めた自治体もあります。
日本共産党岡山市議団は、このような署名の願いに応えて国保料引き下げを、と繰り返し議会で取り上げてきました。
来年度予算を審議する2月定例議会でも論戦する予定です。

nice!(0)  コメント(0) 

介護保険料 値上げ撤回へ [岡山市政]

2月5日の市保健福祉政策審議会で「第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(地域包括ケア計画)」が審議され、2018~20年度の3年間の介護保険料を、現在と同額にすえ置く案が了承されました。素案からの変更では、介護予防や状態改善の取り組みをさらに推進していくこと、基金から22.3億円充当することなどによって、保険料を抑えたとしています。
昨年11月に示された素案では基準額で240円の値上げとなっていて、そのままでは県内の市で最高額になる見込みでした。2月議会での議決で正式に決まります。
市社会保障推進協議会(市社保協)が、市民の声をもとに介護保険料や利用料の負担軽減を求めて要望してきたことなど、市民の運動が大きな成果を生んだと言えます。
党市議団も、予算要求や議会論戦などで市民の生活実態を取り上げ、負担軽減を求めてきました。引き続き、安心して暮らし続けられる岡山市をつくっていくために、力を尽くします。
nice!(0)  コメント(0) 

議会ICT化の視察 [岡山市政]

議会運営委員会視察の最終日は安城市議会の議会ICT化の取り組みを勉強しました。
タブレットの導入までの経緯や議員の情報収集・発信の活用事例を伺いました。
システムや機器の選択ポイントも聞きました。
目的として議会・議員活動の充実を明確にすること、議会全体の姿勢が鍵だと感じました。

朝の名古屋市では夜間の降雪が凍りついて、歩道にスケートリンクのようなところがありました。
雪で列車が乱れ、新幹線の岡山着も遅れましたが、視察は何とかスケジュール通りに終了できました。
nice!(0)  コメント(0) 

子ども議会と3分間演説 [岡山市政]

2018-01-24T21:07:57.jpg2018-01-24T21:07:57.jpg議会運営委員会で名古屋市会の取り組みを視察しました。
テーマは、予算・決算審査の方法、3分間議会演説制度、子ども議会でした。

決算審査は、特別委員会を設置していた方式を平成12年度から6つの常任委員会に付議する方式に変更していました。
それまでは15人ずつの2つの特別委員会に付議する方式でした。定数が75なので決算審査に当たる議員は半分以下だったことになります。
各常任委員会で審査を行うことになり、多くの議員が関わるようになりました。
一方で局をまたがる内容は市長、副市長の出席を求めることがあるということですが、部分ごとの審査になりました。
岡山市議会の特別委員会で歳入から歳出全分野を同じ議員がチェックするやり方はやはり利点があると思いました。

3分間議会演説は、市民に3分間の演説をしてもらう、という制度です。
発言者の固定化が検討課題のようでした。

子ども議会は、夏休みに小学5・6年生の子どもたちに集まってもらい、議場で意見を言ってもらう取り組みです。
昭和20年代にはGHQの施策で全国的に子ども議会が行われていたそうです。
その時に台東区の子ども議会で象を見たい、という希望が出されて名古屋市へ見に来たことがありました。
その歴史にちなんで子ども議会のビラ等には象のイラストがあしらわれています。
内容は、子どもたちが集まり市の施設見学などをして意見をまとめて発表する、というものです。質問と答弁の議会ではありませんが、 子どもたちに市政を知り、課題を考えてもらうことはよさそうです。
参加者は議会の定数と同じ75名で、2~3倍の応募があるとのことでした。

nice!(0)  コメント(0) 

川崎市議会のタブレット導入等 [岡山市政]

2018-01-23T20:21:45.jpg2018-01-23T20:21:45.jpg2018-01-23T20:21:45.jpg2018-01-23T20:21:45.JPG議会運営委員会で川崎市議会の取り組みを視察しました。
タブレットの導入と予算・決算審議の方法についてです。
タブレットは機器に不馴れな人に配慮して、実験しながら段階的に進めようとしていました。
予算・決算審議はどちらも特別委員会を設置して行っていました。
岡山市議会は、予算は常任委員会に分割付託、決算は特別委員会を設置して行っています。
それぞれ特徴がありますが、何にしても質問の制約は少ない方がいいです。
川崎市議会では、実際には正副議長は質問しないものの「質問を控える議員」の取り決めはないそうです。60人中、52人が質問に立つことがあるのは活発だと思いました。
ただし質問時間を答弁を含めて30分で収めるようにしている点では、岡山市議会の方が時間的保障はあります。
岡山市議会が代表質問がある時と一問一答方式の個人質問の時間20分も短いとは思いますが。

議場を見学させてもらうと車椅子席がありました。
机の下には折り畳み式のヘルメットが準備されていました。
街頭には前日の雪があちこちに残っていました。首都圏は大変だったようです。

nice!(0)  コメント(0) 

オカモビ利用の感想 [岡山市政]

2018-01-15T23:56:57.jpg昨日は岡山市超小型モビリティ実証実験オカモビに乗りました。
党事務所から路面電車で表町に行き、表町ステーションで借りて、用事があった青江まで往復しました。

もともとマイカーで動くことが多い人にはニーズは低いです。私は登録して乗ってみるのを主目的に乗ったとき以来、2度目でした。
今回も事務所へはマイカーで行っていたので、あえてオカモビを使わなくてもよかったのですが、実証実験の最終日だったので最後に使ってみました。

決まった職場に公共交通機関で通っている人が用事で出掛ける際は、モモチャリより楽に遠くまで行くことができます。
表町まではバスと路面電車があります。もともと車を持っていない人が、表町から先へダイヤや路線に縛られずに動くには便利そうです。
つまりは公共交通の利用促進と一体でないと成功しないと思います。

なおカバーがあって風は当たらないのですが、ヒーターは付いていないので上着がないと寒かったです。手袋もした方がいいくらいでした。

オカモビサイト(実証実験終了後もしばらくは残るようです)
https://hamo-okamobi.jp/

nice!(0)  コメント(0) 

臨時議会は粛々と [岡山市政]

一月臨時市議会が一日限りの日程で開かれました。
議案は、土地利用審査会委員の任命同意と2つの財産区管理委員の選任同意の計3件でした。
いずれも全会一致で同意すべきものとされました。日本共産党は「何でも反対」ではありません。
他には議長、市長の年頭挨拶、その年の最初の議会で行う議席の指定などでした。

宮武博議長が申し合わせの任期が来ても辞職しないことについて、自民党市議団が動くかも、と思っていましたが、議事は粛々と進み、閉会しました。

記録がある限り、岡山市議会で初めての信任決議を受けた議長です。
辞職したら決議に賛成した議員たち(日本共産党岡山市議団は、これには反対しました)の信任を裏切る、と思っているのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 岡山市政 ブログトップ