So-net無料ブログ作成

カジノは今こそ反対を [国政]

パチンコがあってもカジノが許されるわけではありません。
悪いものがあるのはさらに悪いものを加えていい理由にはなりません。
それよりも一度できるとなくすのは難しい、という証拠なので今、カジノに反対する大切さを表しているといえます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

無謀なリニア中止に [国政]

2018-05-22T01:10:00.JPGしんぶん赤旗5月21日付に東京・大田区で開かれた「リニア新幹線を考えるつどい」の記事が載りました。
山添拓参議院議員は、リニア新幹線計画の問題点として、人口減を加味していない、自然環境・生活環境への悪影響、大手ゼネコンの談合などを挙げています。
このまま進めたら大変なことになる無謀な計画です。
ルート付近の住民は問題点を知って、びっくりのようです。もっと多くの人に課題を知ってもらいたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

明後日の方向に出発 [国政]

安倍首相が外遊に出発と聞き、ようやく中国、韓国そして北朝鮮と直接、話をすることになったか、と思ったら、行き先は中東とか。
こういうのを「明後日の方向」という気がします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うやむや辞任は許されない [国政]

2018-04-25T22:24:16.JPGセクハラ発言が問題になった官僚が辞任しました。
が、安倍政権は事実確認をせず、責任を認めません。

麻生財務大臣は官僚を庇い、セクハラの二次被害を出しています。
本人も任命者も責任重大です。うやむやにしたままの辞任では許されません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

条件整備も仕事のうち [国政]

国会は話し合うのが役割ですが、政府が出してくる資料がでたらめでは、まともな議論ができません。
国会議員の仕事は出された議題を論じるだけではありません。民主的に話し合える土台を作るのも仕事です。
野党は仕事をしていないのではなく、議論が出来る条件を整えさせるのも仕事です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

安倍改憲ストップ、退陣を! [国政]

2018-04-13T23:13:50.jpg朝は高島駅近くで「情報隠しや改竄をする首相に憲法を変える資格も政権を担う資格もない。安倍改憲ストップ、安倍内閣は退陣を!」と訴える街頭宣伝を行いました。

駅前で春の交通安全のティッシュ配りをしていたので、いつもと違う場所で宣伝をしたら、いつもと違う人に会えました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

改憲も政権も諦めるべき [国政]

上層部にきちんと情報を上げない自衛隊を戦場に送ったら、とんでもないことになります。
監督できなかった防衛大臣、総理大臣の責任は重大です。

安倍首相は「憲法に自衛隊を明記する」「書き込んでも自衛隊の任務、活動は変わらない」などと言っている場合ではありません。
改憲は諦めて、退陣すべきです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

森友追及の市民と野党の合同宣伝 [国政]

2018-03-24T22:26:06.jpg2018-03-24T22:26:06.jpg2018-03-24T22:26:06.jpg森友学園の真相究明を求める市民と野党の合同宣伝が岡山駅前で行われ、立憲民主党、おかやまいっぽん、日本共産党、新社会党、社民党、みどり岡山、民進党の弁士が訴えました。日本共産党からは森脇ひさき県議が代表して訴えました。
国の文書改竄は民主主義の根幹に関わる問題です。
野党共闘で安倍内閣を退陣に追い込みたいものです。

駅前に行く前に私は中区でマイクを握り、憲法と森友の問題を宣伝しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

3月24日に市民と立憲野党の合同宣伝 [国政]

2018-03-22T18:33:47.jpg市民と立憲野党が合同で宣伝します。

2018.3.24(土)17:00~18:00
岡山駅東・マツキヨ前

森友問題の真相究明
安倍9条改憲NO!
安倍政権を退陣に追い込もう
と市民団体、政党が訴えます。

○おかやまいっぽん
○立憲民主党
○日本共産党
○社会民主党
○新社会党
○みどり岡山

それぞれの訴えをお聞きください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

教育に国が口を挟むのは問題 [国政]

文科省が中学校で元文部官僚の前川氏が講演したことについて、調査したことが報じられています。
https://mainichi.jp/articles/20180316/k00/00e/040/257000c

文科省や自民党の政治家が、一中学校での講師選定を問題視していることの問題は「講師が適格だったかどうか」ではありません。
教育における現場の自主性に国が口を挟んだことが問題なのです。
名古屋市教委の毅然とした対応はよかったと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感