So-net無料ブログ作成

集団的自衛権の行使に反対 [平和]

2017-11-14T21:25:24.jpg集団的自衛権の行使に反対する中区の会のデモが行われました。
今回は昼の時間帯に平井の産業道路沿いを「憲法壊すな!9条守れ」の横断幕を掲げて歩きました。
私は前後に会議があったので、出発集会に参加し、少しだけ歩きました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

岡山朝鮮初中級学校公開授業 [平和]

2017-10-28T22:39:56.jpg岡山朝鮮初中級学校公開授業で授業を見学しました。
日本と南北朝鮮との友好を進める会などで構成された実行委員会形式で主催されたものです。
授業見学の他に、児童・生徒の歌や踊りの公演、大阪朝鮮学園無償化裁判等の報告、意見交換会がありました。

日朝間の緊張の影響で補助金の凍結(現在は解除)など厳しい状況でも子ども達が元気に学んでいました。

中級学校の生徒の軽やかな踊りは、女子生徒の笑顔と男子生徒の真面目な顔の対比が面白かったです。
躍りの所作は楽しげで笑顔が似合うものでしたが、思春期男子には「パフォーマンスで見せるためにニコニコとか、無理!」なのだろうと思いました。

大阪朝鮮学園無償化裁判等の報告は弁護団の弁護士の講演でした。
北朝鮮の横暴は許せませんが、子ども達の学びに国家間の緊張を持ち込み、制裁を科すべきではありません。

校内の掲示物に「アンニョンハシンミカ」とのカタカナ表記がありました。
ハングルのテキストでは「アンニョンハシムニカ」が主流です。
アンニョンハシンミカの方が発音に近いと感じました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

求めるべきは、対話 [平和]

日本は、北朝鮮の軍事対応は挑発、アメリカの軍事対応は牽制、と呼ぶのではなく、どちらにも軍事対応は駄目だと言い、話し合いのテーブルにつくように求めるべきです。
軍事衝突が起これば日本にも被害が及ぶでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沢田研二「我が窮状」 [平和]

2017-10-18T23:24:15.JPG2017-10-18T23:24:15.JPG傷が入って音が跳ぶようになり、しまっていたCDを新しいプレーヤーに入れたら、跳ばずに再生しました。
機械の方がエラーを回避するように進歩したのでしょう。

久しぶりに取り出したのは、沢田研二「ROCK`N ROLL MARCH」です。特に聴きたかったのは9曲目の「我が窮状」でした。
アルバムが出た当時「窮状を憲法9条と解してはいけない」「護憲派に利用されるな」といった評を見たものです。
憲法9条の歌としか思えませんが。

かっこつけて頑張っている人のことを歌っているアルバムのタイトルにもなっている1曲目も気に入っています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

まもろう憲法9条 [平和]

2017-09-13T23:24:51.jpgいけはしようこ、氏平県議、私と旭東地域の党組織で朝の街頭宣伝をしました。
保育や国保などの市政の課題とともに、安心安全な市民生活の基礎になる平和の問題で「まもろう憲法9条」と訴えています。

午後は、2日間に渡った建設委員会の終了後に、市議団の会議で各委員会の議論や採決結果の情報を共有しました。
それを基に田中のぞみ議員と竹永みつえ議員が最終日の9月15日に討論に立つ準備をしています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

集団的自衛権の行使に反対アピール [平和]

2017-09-12T23:29:00.jpg2017-09-12T23:29:00.jpg集団的自衛権の行使に反対する中区の会の第29回のデモ行進で、高島公民館前から高島交番横まで歩きました。

安倍政権が北朝鮮の危機を煽り、アメリカへの挑発を口実に集団的自衛権を行使したがっています。
集団的自衛権の行使は、自ら戦争に飛び込む危険な行為です。
核ミサイルも電磁パルス攻撃も防ぐのは困難です。発射させないことが最善で、それには対話・交渉しかありません。

直接、威嚇しあっているのは北朝鮮とアメリカです。双方に話し合いを求めることが日本の安全を守る道です。

夕方の行動だったので光るものを身に付けてアピールしました。

次回は10月10日に平井の地域です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

日本政府は、軟化を求めるべき [平和]

2017-09-01T21:08:39.JPG日本政府が「米政府の軟化を警戒」して北朝鮮と対話しないように求めている、と報じられています。
憲法9条があり、武力による威嚇を禁じている日本政府の取るべき態度は、アメリカに対しても武力行使を避けるように働き掛けることです。
軟化を警戒するのではなく、対話を求めるべきです。

安倍首相は、アメリカに戦争を始めてもらい、自らの内閣で決めた集団的自衛権の行使をしたいのでしょう。とんでもない話です。

アメリカが北朝鮮を攻撃したら、それこそ北朝鮮は日本にもミサイルを撃ちます。難民が海を渡ってきます。
核が使用されたら放射性降下物が飛来する可能性があります。
アメリカ本土は無傷で勝つかもしれませんが、日本はそうはいきません。
北朝鮮でも一番に傷付くのは一般の国民です。
日本がアメリカに軍事力の行使をけしかけるなど、もっての他です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

北朝鮮のミサイル発射に抗議 [平和]

北朝鮮のミサイル発射に抗議します。
国際社会が自制を求めきたにもかかわらず、挑発を繰り返す姿勢は容認できません。

同時に、日本は冷静に対応する必要があります。
遥か高空の宇宙空間を飛び、1000キロメートル以上、離れたところに落下したとみられるものを自国への攻撃のように言って、軍事対応を煽ることはむしろ軍事衝突に繋がり、日本国民の安全のためになりません。朝鮮半島で軍事衝突、さらに核の使用があれば、日本は大きな被害を受ける国です。

中国も以前より制裁に加わっています。引き続き、国際社会が強調し対話を追求して、核開発やミサイル発射が北朝鮮のためにならないことを理解させるのが平和的な着地点への道です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『この世界の片隅に』上映会と夏祭り [平和]

2017-08-19T23:05:39.jpg2017-08-19T23:05:39.JPG”この世界の片隅に”上映実行委員会の夏休み平和映画会で『この世界の片隅に』を観ました。
宇野九条の会で毎年、平和映画会に取り組んできた池橋陽子さんが開会の挨拶をしていました。

晩は何か所か夏祭りを回りました。夏の暑さに負けず、地域の皆さんが出店をしたり、盆踊りを踊ったりしていました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

靖国不参拝は世論の成果 [平和]

今年は終戦の日に安倍内閣の閣僚が誰も靖国神社に参拝しなかった、と報じられました。

靖国神社と遊就館は戦争で亡くなった人たち全てを悼むところではありません。
戦争を推進した側が「国家のためによくやった」と認定した人たちを祀り、「戦死すること」を誉め称える施設です。若者を戦場へと鼓舞する装置のひとつです。
そこに閣僚が参拝するのは、死んだら偉い人が参拝してあげるから張り切って戦地へ行け、ということです。

総理大臣の靖国参拝を求める勢力があり、これまでは参拝する閣僚がいたにもかかわらず、今年はいなかったのは安倍首相の戦争する国づくりを警戒する世論の成果です。
さらに追い詰めたいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog