So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

交通政策などを質しました [日本共産党岡山市議団]

9月定例岡山市議会で個人質問に立ちました。項目は次の通りです。

1.岡山市の交通政策について
2.放課後児童クラブのあり方について
3.会計年度任用職員について
4.平成30年7月豪雨災害について

市は、第2回法定協議会でバスのダイヤと料金設定の調整で、利用者に分かりやすく、事業者が持続可能になるイメージを出しました。
強制する権限はなく、調整には独禁法の縛りがあります。難しいことですが、市民の願いが裏付けです。しっかり知恵を絞って進めるように求めました。

放課後児童クラブの運営平準化は進んでいない、という答弁でした。市は、一般論では民間もあるが、本市は地域の熱意で運営してきたことを考慮する、という態度でした。
多様で多数のクラブの平準化は、課題山積ですが、儲け優先ではなく、子どもを第一の運営でぶれないように求めました。

会計年度任用職員は、再来年から導入というのに内容が定まっていません。地域や子どもに関わる分野で「来年はいるかどうか分からない」という任用では地域協働も長期的視野での育ちの支援もできません。制度変更を機に正規職員減らしをしないように求めました。

災害時の井戸の活用を求めました。市は、これまで井戸については無策です。現に利用されている地域があり、地域防災計画と避難所運営マニュアルでも活用について明示しているので、具体化するように求めました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント