So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

夕張市の財政再建 [岡山市議会]

2018-10-24T21:41:12.jpg環境消防水道委員会の視察の2件目は夕張市の財政再建についてでした。
夕張市では、17あった炭鉱が次々と閉鎖され、1990年に全てなくなりました。最大で11万数千だった人口が現在は8千人あまりまで減少しています。
炭鉱会社が残した住宅、道路などを市が引き取り、炭鉱から観光への転換で作られた観光施設も経営がうまくいかずに撤退したら市が引き取りました。
そうした過大な支出構造でも赤字が表面化しないような会計処理をしてきたことが明るみに出て、財政再建団体になりました。
水道事業の状況を聞くと、炭鉱会社が作ったものも引き取った上に、細長い市域で効率が悪いため料金を高く設定していて、独立して運営できているとのことでした。

街のあちこちに放置された施設がありました。
人口が10分の1以下になったのでは維持できないものも出てきます。
急激な人口減少とインフラの負担は国策と企業の撤退によるものです。
赤字を隠した経理処理は市の責任だとしても、国の責任は大きいと思いました。

夕張市が終点の石勝線は2019年3月31日で廃線になります。鉄道で夕張市へ行くのは今回が最後になりそうです。
写真を撮る人が何人も来ていました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント