So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

消防団の報酬等の取り扱いなど [岡山市政]

6月定例会前の各常任委員会が開かれました。
私が所属する環境消防水道委員会では、環境局、水道局、消防局関係の議論をしました。
どの局も年度が変わって異動の挨拶から始まりました。

水道局と消防局関係では、平成29年度包括外部監査結果への市の対応方針が報告されました。
私は「今回はどんな資格の人が監査したのか」をそれぞれの局で尋ねました。
今年度は公認会計士でした。
備品や資産の管理で確認印の処理の改善について意見を言うのは公認会計士の専門分野だと思います。
しかし防災の専門家とは限りません。どちらの局に対しても、包括外部監査人の言うことよりも担当局が主体的に判断するように意見を言っておきました。
市からお金をもらって請け負って、市に好きなことを言う包括外部監査という不思議な制度は早くなくすべきです。

消防局では、消防団の報酬等の取り扱いについての報告もありました。
報酬等は団員個人の通帳に振り込まれるのに消防団で一括管理するのは不適切です。
今後は、一括管理していた団には、個人通帳は個人が適切に管理するよう指示するとの報告でした。
団員に納得がいき、市民に理解が得られる扱いが大切です。適正な会計管理について今後も市が必要なアドバイスをするように意見を言いました。
nice!(0)  コメント(0)