So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

千葉市議会の審議方法やICT化等 [岡山市議会]

議会運営委員会の視察2件目は、千葉市議会の予算と決算の審議方法、ICT化、大規模災害対応についてでした。
予算も決算も特別委員会を設置していました。
予算審議は常任委員会と同じ委員で5つの分科会を構成しているので、常任委員会での審査と変わらないようでした。
2つの分科会だった時は発言できる委員に制限がありました。平成25年に5つの分科会にしてから、全員が発言できるようにしたのは審査の充実になったことでしょう。
自分が所属しない委員会を傍聴したり、発言したりできる日程設定は、議員の勉強や少数会派の発言機会の確保になり、よさそうです。

ICT化について、タブレット等の機器の運用の議論は、岡山市議会ICT化検討会議でも参考になります。

大規模災害対応では、議会として体制を取り、マニュアルを作成していました。
執行部との情報のやり取りは岡山市議会でも工夫がいると思います。
傍聴者を含めた避難訓練も検討する価値があると思いました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

足立区議会の子育て支援 [岡山市議会]

2018-11-01T23:21:44.jpgす議会運営委員会の視察一件目は、足立区議会の議会運営について、と議会活動と育児等の両立支援策でした。
女性議員が(ひいては男性議員も)活動しやすい議会は多様な意見を反映しやすい議会になると思います。
岡山市議会も乳児のいる議員に授乳室や視察の配慮をしたことがあります。

議会質問や採決は「誰か今回は代わって」とはいかないので、難しい面はありますが、子育て支援に関心を持っている議会はあります。
時々、話題になる目立つ例だけでなく、 地元の議会の取り組みにも関心を持っていただきたいと思います。

議会運営については、本会議の運営や予算・決算の審議の方法を聞きました。
岡山市議会は、本会議初日に議案を上程し、一般質問と質疑をあわせて行います。足立区議会は、一般質問を済ませてから、議案が上程されていました。
予算審査の常任委員会が設置されたことがありましたが、特別委員会と変わらない、ということで元に戻されていました。
すぐに真似をするというのではなく、他議会のやり方と比べて岡山市議会の特徴を自覚しながら議会運営の向上に取り組もうと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

富川市議員視察の歓迎会 [岡山市議会]

2018-10-29T21:48:00.jpg2018-10-29T21:48:00.jpg韓国 富川市議会の行政福祉委員会が視察で来岡し、友好議連の歓迎会が開かれました。
その名の通り、高齢者施策などの視察です。歓迎会では、互いの都市の様子や議会について交流しました。

私は友好議連の幹事として閉会挨拶をしました。
国同士の友好も今夜のような親睦が基礎になると信じている、とお話しました。
あわせて朝鮮半島での南北の友好への期待を述べたところで、富川市の皆さんから拍手を戴きました。
いろいろな交流を通じて平和と友好を広げたいものです。

富川市ホームページ(日本語もあります)
http://japan.bucheon.go.kr/site/main/index151

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

岡山赤旗まつり [日本共産党]

2018-10-28T19:09:39.jpg2018-10-28T19:09:39.jpg2018-10-28T19:09:39.jpg晴天の下、賑やかに岡山赤旗まつりが開かれました。
地方選挙と参院選の予定候補の紹介があり、私も壇上で紹介されました。
妻のアクセサリーの店の店番もしました。いくつか買ってもらえてよかったです。

晩は備前八幡宮のお祭りに行きました。
まつり三昧の一日でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

明日は岡山赤旗まつりです [日本共産党]

2018-10-27T14:30:23.jpg明日、岡山赤旗まつりが開かれます。
日時 10月28日(日)10時~15時
場所 岡山サウスヴィレッジ(岡山市南区片岡2468)

備中神楽などのステージイベントや地域の物産の出店やフリーマーケットで秋の一日を楽しめるイベントです。

仁比そうへい参議院議員がお話します。日本の政治をどう、転換するか、日本共産党が目指す政治についてお聞きください。

地域によっては送迎バスが出ます。
停車箇所や時刻はお問い合わせください。
秋の行楽を兼ねて、お誘い合わせてお越しください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

16時30分から議会広報番組 [岡山市議会]

本日、岡山市議広報番組GIKAI-STYLEの放送です。
16時30分から17時00分、OHK8チャンネルです。

再放送は28日25時30分からです。
ご覧ください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

夕張市石炭博物館の見学 [岡山市議会]

夕張市視察の際に列車ダイヤの関係で時間があったので、夕張市石炭博物館を見学しました。
視察研修で、炭鉱が縮小する代わりの産業として取り組まれたものの破綻、解体した観光開発の一つとして石炭博物館を含む(株)石炭の歴史村観光の説明がありました。
座学だけでなく、実地見学にもなりました。

石炭博物館の周りには閉鎖された建物や草ぼうぼうの公園が広がっていました。かつての観光施設です。
その中でも石炭博物館は2018年4月にリニューアルしていました。
石炭層の発見から炭鉱開発、人口が11万人以上まで増えた時代の活況から、炭鉱で働いていた人や家族の生活などの歴史資料の展示や等身大の人形による採炭作業の再現ジオラマ、炭鉱の機械の動的展示がありました。坑道の再現もされていました。
石炭層が地表に表れている大露頭も博物館の一部のようでした。
博物館の入館料は、1,080円で見ごたえがありました。当面の間、夕張市民は無料です。
なお入館料は視察費ではなく、自費で払いました。

夕張市石炭博物館サイト
https://coal-yubari.jp/

夕張市にはタクシーが3台しかないそうです。呼んでもすぐには来てくれないので、市役所や駅まで結構、歩きました。
また石勝線は2019年3月末で廃線になります。
石炭博物館は見所ですが、ますます観光にも不向きになりそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

水道事業の持続運営 [岡山市議会]

2018-10-25T17:14:10.jpg環境消防水道委員会の視察3件目は、石狩市の水道事業の持続的な運営についてでした。
水道施設の老朽化や重要度を検討し、限られた財源を投入する優先度を決めて施設更新計画を策定していました。
優先順位やコスト削減だけでは賄えない、と平成25年4月に28年振りに水道料金の値上げをする際には地域ごとの説明会で市長が説明し、市民に理解を求めていました。
岡山市水道局もアクアプランとして平成38年までの運営計画を策定しています。
今のところ岡山市では値上げは具体化されていませんが、平成36年には内部留保資金が底をつく見込み、としています。
値上げの必要性の有無の議論や上げるとなった場合の市民への説明は丁寧さが求められます。

外に出たら、石狩市役所では、屋上防水工事の金額が表示されていました。
これも市民へ財政の説明の一つだと思いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

夕張市の財政再建 [岡山市議会]

2018-10-24T21:41:12.jpg環境消防水道委員会の視察の2件目は夕張市の財政再建についてでした。
夕張市では、17あった炭鉱が次々と閉鎖され、1990年に全てなくなりました。最大で11万数千だった人口が現在は8千人あまりまで減少しています。
炭鉱会社が残した住宅、道路などを市が引き取り、炭鉱から観光への転換で作られた観光施設も経営がうまくいかずに撤退したら市が引き取りました。
そうした過大な支出構造でも赤字が表面化しないような会計処理をしてきたことが明るみに出て、財政再建団体になりました。
水道事業の状況を聞くと、炭鉱会社が作ったものも引き取った上に、細長い市域で効率が悪いため料金を高く設定していて、独立して運営できているとのことでした。

街のあちこちに放置された施設がありました。
人口が10分の1以下になったのでは維持できないものも出てきます。
急激な人口減少とインフラの負担は国策と企業の撤退によるものです。
赤字を隠した経理処理は市の責任だとしても、国の責任は大きいと思いました。

夕張市が終点の石勝線は2019年3月31日で廃線になります。鉄道で夕張市へ行くのは今回が最後になりそうです。
写真を撮る人が何人も来ていました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

旭川市のごみ収集 [岡山市議会]

岡山市議会環境消防水道委員会で旭川市のふれあい収集を視察しました。
ふれあい収集とは、家庭ごみを決められた集積所へ出すのが困難な高齢者や障害者を対象に戸別に回収する制度です。
岡山市も順次、対象を拡大しているところです。
全国に先駆けて始めた事業を勉強しました。

ごみの様子は生活を表します。
夏場は自力で出すことができても、積雪があったり路面が凍結したりする冬場は困難な人もいます。
戸別に訪問しての収集は安否確認にもなり、ごみ出しの状況に異変があればケアマネ等への必要な連絡もしていました。
本当にきめ細かい対応で、環境の事業というより福祉的施策でした。

旭川市役所から駅まで歩くと「節電しています。暗くても営業しています」との貼り紙を見ました。
旭川市議会の委員会が開かれていました。そこも電灯を付けていませんでした。
地震による電力供給の不足の影響を感じました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog