So-net無料ブログ作成

日本国民救援会第7回岡山東支部総会 [憲法]

日本国民救援会第7回岡山東支部総会に参加しました。
日本国民救援会は、冤罪・弾圧事件の支援や自由な選挙を求める運動をしている団体です。
倉敷民商弾圧事件などの取り組み報告や次年度の方針提起などがありました。

総会の後は司法の現状と課題について勉強会でした。
裁判が公平、公正に行われるようにするのも国民の運動だと思いました。

夕方はこれまで聴いたことのない分野のライブを覗きました。いろいろな世界があるものです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ヘイトのチェック [憲法]

排外主義を叫んでいる日本第一党が9月29日15時半から岡山市内でデモを行う、と告知しています。
差別発言がされないか、チェックしに行きます。

全国どこでもヘイトスピーチは駄目です。

#0929岡山ヘイトデモを許すな
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

公の秩序にはさせない [憲法]

憲法12条を根拠に表現の自由を制限できる、とする言説を見ます。
「公共の福祉」を「公の秩序」に読み替えるもので、自民党改憲案の先取りです。
あいちトリエンナーレ・表現の不自由展の問題は、自民党の狙う改憲がなされたら、どんな社会になるかを示しています。
公共の福祉を公の秩序に変えさせないように、現憲法を守らなくては。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

表現の自由は政権によらない [憲法]

慰安婦の少女像や天皇の写真が焼かれた展示について「不快な表現だ。日本共産党も党首の写真が焼かれたら嫌だろう。日本共産党が政権に入ったら取り締まるだろう」と言ってくる人がいます。
もちろん取り締まられません。罪にもなりません。

今、「政権の気に入らない表現は規制され得る。されるべき」と考えるから、政権が変わったら、別な表現が規制されるとの発想になるのでしょう。
表現の自由を守ろうとの声は、そんな発想を乗り越えるものです。

表現の自由は憲法で定められていて、時の政権に左右されるものではありません。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

表現の自由を守ろう [憲法]

2019-08-05T20:07:13.jpg今朝の街頭宣伝では、あいちトリエンナーレ2019の中止に触れて「表現の自由を守ろう。その基にある憲法を守ろう」と訴えました。
今の政治課題は、生存権や平和主義なども含めて、憲法の理念を具体化することです。

朝から暑いので、宣伝のあとは皆で塩分補給の飴をなめました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

責任は脅迫した方にある [憲法]

『国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を受け、中止を求めていた実行委員会会長代行の名古屋市の河村たかし市長は3日、「やめれば済む問題ではない」と述べ、展示を決めた関係者に謝罪を求めた。市内で記者団の取材に応じた』と報じられました。
https://this.kiji.is/530378433990181985?fbclid=IwAR12KJVt3_D0vuTqkGXSk2jpAmVz8XFKcXS6gE3tLZGFjxJLamEyHJoBsnI

展示中止は、ガソリンで放火するという脅迫によるものです。
謝罪を求めるべき相手は、脅迫した方です。中止の責任は脅迫した方にあります。
そして脅迫した方こそ、実行を中止して済む問題ではありません。
市長が、少女像の展示に不快感と反対を示すのは不見識ですし、脅迫者を鼓舞すると思いますが、それだけでは側に立ったとまでは言いません。
現実に、脅迫で中止になったのは重大です。
そこで中止をよしとして主催者に謝罪や説明を求めるのは、自分の望む結果のためなら手段を問わない、という脅迫者の後押しです。

河村市長は、脅迫した者と同じ側に身を置いてしまったことを自覚すべきです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

表現の不自由 [憲法]

国が展示内容を評価して補助金の交付を決定するなどあり得ない、と思っていたら、展示中止のニュースが流れてきました。
まさにテーマの「表現の不自由」が明白になった芸術祭です。

芸術祭に慰安婦問題象徴の少女像 補助金を慎重検討 官房長官 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190802/amp/k10012018791000.html?__twitter_impression=true
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

憲法守ろう、くらしを守ろう [憲法]

2019-07-30T22:33:36.jpg第48回の集団的自衛権の行使に反対する中区の会のアピール行動が、平井地域で行われました。
夕方になっても暑い中を、憲法守ろう、くらしを守ろう、と訴えました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

憲法記念日 [憲法]

安倍政権になって、国がやるいろいろなことが、憲法に照らしてどうなのかを考える機会が増えました。
集団的自衛権の行使容認の閣議決定と安保法制・戦争法では戦争と平和について、沖縄の基地建設では地方自治についても憲法問題です。
民主主義の根幹である市民への情報公開と、そこに至る収集と保存についても問題山積です。

夏の参議院選挙では、改憲勢力に3分の2を取らせないために頑張ります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

倉敷民商裁判の支援集会 [憲法]

倉敷民商弾圧事件の勝利をめざす全国連絡会第4回総会に参加しました。
全国から集まっていました。

ジャーナリストの斎藤貴男氏の記念講演『事件から見える弾圧の実相と提言』と弁護団報告を聞き、活動を振り返り、今後の方針や各地の取り組みについて討議しました。
記念講演では、国に逆らう者への弾圧や官僚の責任、国民の運動について考えました。
参加者からの発言では、納税者の権利を守り、公正な裁判を求める声が上げられていました。

倉敷民商弾圧事件は、倉敷民商の事務局員が脱税をほう助したり、税理士法に違反したりした、とされる事件です。
しかし「脱税の主犯」は勾留もされず、執行猶予なのに、脱税工作に具体性がなく、脱税による資産もありませんでした。
脱税の存在が不確かです。
パソコンソフトや電子申告により書類作成の意味が変わっている中で、税理士法違反と言える業務も行われていません。
にもかかわらず会計処理をしただけの事務局員は、428日間も身柄を拘束され、自白を強要されました。
検察が言わせたいことを言わなかったための嫌がらせとしか思えません。
民主的な税制を求める運動の先頭に立つ民商への弾圧として、全国連絡会が組織され、裁判を支援しています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog