So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

被災者支援の事例紹介 [防災]

災害支援ネットワークおかやまの平成30年度豪雨災害における民間支援活動中間報告会に参加しました。
災害ネットワークおかやまを常設化する提案の後、様々な支援活動の中間報告がありました。
炊き出し、物資の提供、交通手段、相談活動などこの機に作られた団体もあれば、これまでの組織を活かした取り組みもありました。
被災の状況、必要とされる支援は様々で、変化もします。新しい組織も既存の組織もニーズを掴んで、応える活動をしていました。
このようなネットワークで、災害支援に取り組む方も、どこにどんな資源があるのか、伝わるのでしょう。
被害を抑えたり、復旧・復興を早めたりする力になると思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

災害対応で国と交渉 [防災]

2018-10-16T20:16:27.jpg2018-10-16T20:16:27.jpg日本共産党の岡山県と広島県の地方議員などが平成30年7月豪雨災害の対応について、国の担当者と交渉しました。
岡山市、高梁市、倉敷市、広島市、東広島市、尾道市から参加があり、日本共産党岡山市議団からは私が出席しました。
仁比そうへい参議院議員、田村貴昭衆議院議員、大平よしのぶ前衆議院議員が同席し、発言しました。

浸水被害の罹災認定の問題や家屋の公費解体、土砂の公費撤去、医療費の扱い、河川改修の遅れなど分野別に要望し、国の回答に対して、確認したり、改善を求めたりしました。

家屋の公費解体を被災者の立場で運用させることなど、自治体の裁量や判断で可能なことは岡山市でも前進させるように取り組みます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

台風24号対策の土のう配布 [防災]

台風24号対策として岡山市が、土と土のうを配布します。
日時
9月29日(土) 9時30分から17時

配布場所
(1)岡山ドーム東側 駐車場
(2)岡山市消防教育訓練センター
(3)吉井川浄化センター
(4)南区役所駐車場

詳細は下記をご覧ください。http://www.city.okayama.jp/gesui/keikakucyousei/keikakucyousei_t00004.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

被災者支援に役立つ冊子 [防災]

日本共産党が西日本豪雨災害に関連して、しんぶん赤旗に連載した被災者支援の制度についてのQ&Aが冊子になりました。
台風21号被害や今回の北海道の地震被害の参考にもなりそうです。
https://www.jcp.or.jp/web_download/20180906_saigai_faq_panf.pdf
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風被害 [防災]

台風21号に関して運転中のラジオニュースで時折、被害状況を聞いていましたが、ネットを見ると台風の強風によるとんでもない画像がたくさん流れてきました。
屋根やベランダが飛んだり、車が横倒しになったり、その周囲には怪我人が出ているでしょう。
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土砂撤去費は後からでも可 [防災]

9月議会前の各常任委員会が開かれました。
私が所属する環境消防水道委会(環消水)でも他の委員会でもそれぞれ、7月豪雨災害の対応が議論されました。
環消水では、土砂の撤去費用について報告がありました。
がれき混じりの土砂は民地に流れ込んだものも災害廃棄物ということで環境省の予算で撤去ができます。すでに業者に依頼して自費で撤去した方も一定額は後からお金が出ます。
制度の詳細はこれから決定、とのことです。
敷地に流れ込んだ土砂でお困りの方は市へご相談ください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

真備の被災地視察 [防災]

2018-08-27T23:59:16.jpg日本共産党岡山市議団で、真備町地域の平成30年7月豪雨の被災地を視察しました。
田辺昭夫倉敷市議から被災状況についてレクチャーを受けた後、案内してもらって現地を回りました。

2階の窓まで水流で割れたり、乾燥のために取り外されたりしていて、駄目になった家財が運び出されて空っぽになった様子が見えました。
人気のない家々の様子から被害の大きさを感じました。
解体の始まっている家と修繕に取り掛かっている家とが混在していました。
聞くと、住み続けるかどうか決めかねている方もいるそうです。
今後、街がどうなっていくのか、リフォームしている方も不安だと思います。
屋根に上がって救助を待った方のお話も伺いました。
避難所になっている岡田小学校では倉敷市職員から運営や小学校の始業に向けた動きについて聞きました。

小田川の決壊地付近では、家が水流でひしゃげていました。
豪雨の前まで小田川は樹木が森のように生い茂っていました。日本共産党倉敷市議団、県議団は水が流れやすいように樹木の伐採を求めてきましたが、放置されてきました。
今回の豪雨の後は短期間で伐採され、今後は浚渫も行われます。
もっと早くやっておけばよかったのに、と思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

市内被災地の現状把握 [防災]

日本共産党岡山地区委員会、岡山県議団、岡山市議団が、岡山市北区の7月豪雨の被災地で聞き取り活動をしました。
手分けして、浸水地域を端から順に訪問し、被害の状況や行政の対応・支援について伺う取り組みです。
党として現状を把握し、行政との交渉や議会活動を通じて、被災者支援を充実させるためです。
私は御津高校の周辺を10軒あまり、回りました。

被害状況を伺うと、家の中の様子を見せてくださる方もいました。
道を隔てて床上浸水だったところと床下で済んだところもあります。
大工さんが入って床をやり直したお宅もあれば、なかなか捗らない、まだごみ出しがすんでいない、でこぼこの床で暮らしている、というお宅もあります。
汚れた水に浸かって一ヶ月半以上が過ぎても、まだ臭いが取れないところもあります。
世帯の状況で被災のその後に大きな違いが出ています。
一層、きめ細かい対応が必要だと思いました。

党も災害対策本部を設置し、ボランティアに入りましたが、作業が中心になると個別のお宅の状況はピンポイントで分かっても、面的な把握が難しくなります。
状況把握のための活動は、今後の支援に役立つでしょう。
明日は東区でも行います。(私は参加できませんが)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

豪雨の跡 [防災]

2018-08-12T17:02:38.jpg岡北大橋を渡っていたら、旭川を渡る新幹線の橋脚の周囲が洗掘されているのが見えました。
こんなところにも豪雨の跡です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

岡山市が義援金に上乗せ [防災]

岡山市が被災者支援として義援金に災害見舞金を上乗せするなどの措置を発表しました。

http://www.sanyonews.jp/sp/article/761532
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog