So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

酸素でよく燃える実験 [実験]

2018-09-02T20:43:18.jpg蚊取り線香にスポーツ用の酸素吸入スプレーを吹き付けてみました。
ボッと炎が上がりました。

息を吹き掛けても赤い部分が拡がるだけで、炎が上がるまでにはなりません。
酸素が多いと物がよく燃える実験です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ボウルで火起こし [実験]

2018-07-27T21:21:48.jpg明日と明後日は町内のお祭りの予定です。
午前中は子どもたちが笛や太鼓の最後の練習をしていました。
朝は曇り気味かと思っていたら、カンカン照りになりました。
「ひょっとして、ステンレスのボウルで火を起こせるかも」と黒く塗った割り箸をボウルの真ん中に立てて、太陽の方に向けました。
少し待つと、もやもやっと煙が出ました。しかし、それ以上にはなりませんでした。
長年使って、傷だらけで曇っているからでしょう。かといってステンレスを鏡のように磨くのは大変です。
アルミホイルをきれいに貼り付けるか、何か考えてみます。

子どもたちは頑張って練習していましたが、台風が来ているので予定通りにお祭りが開かれるか気になります。
それよりも堤防の復旧が不十分なところがあり、弱っているところもあるかもしれません。そちらが心配です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

夏休み子ども科学電話相談 始まる [実験]

夏の楽しみ、NHK夏休み子ども科学電話相談が始まりました。
この時期の運転中のラジオはこれで決まりです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水素が燃えると水ができる [実験]

2018-06-22T23:12:19.JPG子どもが「水素が入っているものが燃えると水ができるの?」と聞いてきました。
そこでアルコールを燃やすと水ができる実験をしました。
アルコールストーブに燃料のメチルアルコールを入れて、火を点けます。
水を入れたやかんを乗せると最初、底に水滴が付きます。

小学生には、燃料の中の水素と空気中の酸素が結合してできた水が結露したものだ、と教えてやりました。

中学生には、さらに左側にCH3OHとO2、右側にCO2とH2O(本当は数字は小さい添字です)を書いた式で、それぞれがいくつあると、左右でCとHとOが同じ数になるか、考えさせました。

なぜ炭火焼きがパリッと焼けて美味しいとされるかも話しました。
アルコールストーブで干物を炙ったら、湿っぽくなり、においも付いて不味そうです。
試すのはまた今度にします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

蚕の卵 [実験]

2018-06-15T22:39:24.JPG蚕が卵を産んでいます。
黄色いのが産みたてで、時間が経つと茶色くなってきます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

繭なし蛹 [実験]

2018-05-27T22:59:01.jpg我が家の蚕がだんだん蛹になっています。
中には繭を作らずに蛹になってしまったのもいます。
姿が見えるのは面白いのですが、糸が取れないので養蚕としては失敗です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

蚕の繭作り動画 [実験]


蚕の繭作り14時間の様子を8秒の動画にしました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

繭作りの撮影14時間 [実験]

2018-05-23T23:46:54.jpg2018-05-23T23:46:54.jpg2018-05-23T23:46:54.JPG蚕が繭を作る様子を10分間隔で72枚、撮影し、タイムラプス動画にしました。
撮影間隔と枚数をセットして三脚に載せてシャッターボタンを押せば、あとはカメラがやってくれます。
繭ができていく14時間の様子を8秒で見ることができました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

非情な控訴を議会が追認 [実験]

5月臨時岡山市議会が閉会しました。
一番の課題は、重度障害者の浅田さんが全面勝訴だった判決に、市が控訴した専決処分を議会が承認するかどうかでした。

障害福祉サービスを受けている障害者が65歳になると、強制的に介護保険制度によるサービスに切り替えられます。
重度障害者と高齢者は必要とするサービスが異なります。
介護保険では利用者負担も生じます。
非課税世帯の浅田さんは、無料で障害福祉サービスを受けていました。
介護保険サービスになると必要なサービスを受けられない上に多額の費用負担(当初は3~4万円という説明でした)が生じるとなると、介護保険の申請を躊躇したのは当然です。
そんな浅田さんに対して、岡山市は不支給決定、つまりサービスの打ち切りをしました。
ベッドから落ちたら起き上がることもトイレに行くことも困難な浅田さんは命が脅かされる事態に陥りました。
そこで浅田さんが踏み切った裁判で岡山地裁は不支給決定の取り消しと支給決定の義務付け及び損害賠償の判決を出しました。
その判決に市は議会を招集する時間的余裕がなかった、として専決処分で控訴しました。
非情な控訴です。
その専決処分を承認するかどうか、が
本会議で、自民党(臨時議会中に自民党岡山市議団と自民党政隆会に分かれました)とおかやま創政会の一部が賛成、日本共産党岡山市議団と市民ネット、おかやま創政会の一部が反対、公明党岡山市議団が棄権しました。
結果は、多数決で市の控訴を議会が承認したことになってしまいました。

遅くても昼過ぎには終わることが多い臨時議会が18時過ぎまで掛かったのは、この問題が簡単に承認できるものではなかったことを示しています。
本会議で日本共産党岡山市議団の竹永みつえ議員が質疑を行いました。
それを受けて、保健福祉委員会で田中のぞみ委員がさらに市の姿勢を追及しました。
傍聴に来た方が「議会は不承認にするのでは」と思う論戦が行われていましたが、悔しい結果になりました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

繭作り開始 [実験]

2018-05-16T23:39:13.jpg4月11日頃に孵化した蚕が繭を作り始めました。
庭の桑の木の切りやすい範囲の葉がなくなってきたので「そろそろ繭になってくれた方がいい」と思っていたところでした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog